がんは誰が治すのか? —自然治癒を探る—

2018/04/29
がんは誰が治すのか? —自然治癒を探る—

去る4月22日(日)、巣鴨の「健康古民家かのう」にて、セミナー&お話会「がんは誰が治すのか? —自然治癒を探る—」を催行いたしました。2016年11月13日(日)、2017年7月1日(土)、同年12月7日(木)に続く4回目の開催です。
参加者は、当日参加を含めて16名様でした。ご参加いただいた皆様には厚く御礼申し上げます。
 

まず、松野哲也先生が約2時間の講演を行われました。前半は癌の自然治癒に関する事例紹介、後半は自然治癒に至る意識の持ち方に関するお話でした。
講演後、代表・狩野路子が自身の癌自然治癒体験について10分程度お話しさせていただきました。休憩後には活発な質疑応答も行われました。
懇親会には10名様が残られ、18時過ぎまで懇親を深められました。